Plasma, Space Propulsion Laboratory

About Us / 当研究室について

Low costs and short development periods have enabled even small companies and universities to launch and operate microspacecraft (Nanosatellites). However, almost all microspacecraft do not have any propulsion systems. If a microspacecraft had microthrusters mounted on it, the microspacecraft could be controlled more effectively and we could deorbit it safely. The YNU Plasma, Space Propulsion Laboratory is doing research on microthrusters numerically and experimentally.

宇宙開発のハードルを大幅に引き下げた超小型衛星・宇宙機。 今や衛星開発は、一部の大企業や政府機関だけでなく、中小企業や大学でも可能な時代になっています。 しかし、大部分の超小型衛星は推進機(スラスタ)を搭載しておらず、衛星自らが自由に軌道を選ぶことができません。 横浜国立大学 プラズマ・宇宙推進研究室(2014年4月発足)では超小型衛星の自由度を高めるためにマイクロスラスタの研究開発を行っています。

Blog

Announcements / お知らせ

Nov. 1-4, 2022

第66回宇宙科学技術連合講演会 @熊本城ホール で発表を行いました。
また,M1の松川晃己が優秀発表賞を受賞しました。
鷹尾祥典, 「イオン液体を推進剤とした電気推進機」, 2K06
江本一磨, 高橋和貴, 鷹尾祥典, 「磁気ノズルによるプラズマ膨張におけるエネルギー依存性の数値解析」, 4K01
松川晃己, 鷹尾祥典, 「溝付きエミッタ構造を持つエレクトロスプレースラスタの作製とイオンビーム特性評価」, P011
田中芳実,上尾洋翔, 鷹尾祥典, 「電位構造を反転した小型直流放電式イオンスラスタの高性能化 」, P012
郭樹俊,長尾昌善, 村上勝久, 村田博雅, 鷹尾祥典, 「超高実装密度エレクトロスプレースラスタのための二重エミッタ構造の試作」, P013

Oct. 9-14, 2022

The 6th Asia-Pacific Conference on Plasma Physics@online で発表を行いました。
Kazuma Emoto, Kazunori Takahashi, and Yoshinori Takao, "Numerical Investigation of Magnetic Nozzle Plasma Expansion Using Fully Kinetic Simulations," B-I15

Archives

To Top