Plasma, Space Propulsion Laboratory

About Us / 当研究室について

Low costs and short development periods have enabled even small companies and universities to launch and operate microspacecraft (Nanosatellites). However, almost all microspacecraft do not have any propulsion systems. If a microspacecraft had microthrusters mounted on it, the microspacecraft could be controlled more effectively and we could deorbit it safely. The YNU Plasma, Space Propulsion Laboratory is doing research on microthrusters numerically and experimentally.

宇宙開発のハードルを大幅に引き下げた超小型衛星・宇宙機。 今や衛星開発は、一部の大企業や政府機関だけでなく、中小企業や大学でも可能な時代になっています。 しかし、大部分の超小型衛星は推進機(スラスタ)を搭載しておらず、衛星自らが自由に軌道を選ぶことができません。 横浜国立大学 プラズマ・宇宙推進研究室(2014年4月発足)では超小型衛星の自由度を高めるために、主にプラズマを使ったマイクロスラスタの研究開発を行っています。

Blog

Announcements / お知らせ

Oct. 27-30, 2020

第64回宇宙科学技術連合講演会 で発表を行いました。
江本一磨,高橋和貴,鷹尾祥典,「磁気ノズルプラズマスラスタの粒子計算による反磁性ドリフト電流分布の評価」,1G16
坂井啓吾,鷹尾祥典,「小型直流放電式イオンスラスタの性能向上を目指した数値解析」,1M12
児玉岳斗,小泉宏之,鷹尾祥典,「小型マイクロ波放電式水中和器における中性粒子分布の影響」,1M13
勝田紘英,鷹尾祥典,「精密推力制御に向けたエレクトロスプレースラスタのイオンビーム特性評価」,1M14
松本直之,村上勝久,長尾昌善,鷹尾祥典,「六方晶窒化ホウ素による平面型グラフェン電子源の酸素耐性向上と特性評価」,1M15
(上記順序はプログラムに準拠)

Oct. 5-9, 2020

73rd Annual Gaseous Electronics Virtual Conference で発表を行いました。
Kazuma Emoto, Kazunori Takahashi, and Yoshinori Takao, "Investigation of the electromagnetic force and momentum gain in a magnetic nozzle plasma thruster," MW4.00005International Conferences

Sep. 2, 2020

Published online. The research was conducted in collaboration with Ando and Takahashi Lab at Tohoku University.
論文が公開されました。 本研究は東北大学安藤・高橋研究室との共同研究成果です。
K. Takahashi et al., J. Propul. Power, Articles in Advance, 2020.Journals

Archives

To Top